職場におけるマウンティングの対処法

男性よりも社会的位置付けが複雑になりやすい女性は、よくマウンティングによって自分のランク付けを行おうとします。従って、これは女性特有の性質であると言えるのです。マウンティングを職場で行われると、男性上司などから理解が得られず、人間関係の調和がとれないという事態になりかねません。職場で行われるマウンティングに対しては、しっかりと改善方法を把握しておいて自分で対処できるようにしておくべきでしょう。職場で行われるものの具体例としては、結婚している相手に対して仕事が忙しくて結婚できないアピールをするということです。職場における自分の有用性を示してランク付けする、といったものが見られます。この他にも、休みがとれない・疲れがとれないといった自虐的な境遇を示すといった手法もとられるようです。しかし、これらは全て「職場に一番必要な人」アピールをするために行われます。これに対して、「私の方がもっとよく働ける!」と対抗してはいけません。間接的表現を利用して優越感に浸るのが、マウンティングの本質です。そのため、対抗すると優越感が満たされずに更なるアピールを助長したり、人間関係のトラブルに発展したりします。逆に「すごいですね、そんなに仕事ができるなんてかっこいいですね」と認めながら褒めてあげると、優越感が満たされてその場で収束させることができるのです。その際、必要以上に褒めすぎると、勝手に下位にランク付けされてしまいます。その結果、入りたくもない派閥に取り込まれてしまうことにもなりかねないので、褒めつつもしっかりと距離を保つことが重要です。その他の対処法資・・・◆◆嫌われるマウンティング女子◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です